1. Home
  2. 書籍・文書
  3. 介護日記 (123)

介護日記 (123) 〜潔く生きて幸せに〜

快い潮風がなごみの里をやさしく包み込む。若いボランティアさんが静かな里に賑わいをさそう。そんな中、秋さん (100) の食欲が出ない。食事が摂れなくなって 3 日が経った。診療所の先生を呼ぶ。秋さんは先生に「もう死ぬんだから 注射はいらんよ」と言う。「なんでわかるんですか?」と耳の遠くなった秋さんに筆談で聞くと「わしは偉いからな」と一言。

先生は私のほうに振り向き「まあ、痛い思いをさせんでも。今日はやめましょうかね」。そう言うと、なごみの里を後にした。

「秋さん。どうしたい?」と聞くと「わがとこ(我が家)で死にたいな」と、こともなげに言う。その日の午後、息子さんの運転する軽自動車で自宅に帰る。

自分の部屋に落ち着いた秋さんは「ここはどこだ?」と問う。「秋さん、わがとこだよ」そう言いながら指示す。先に大切にしていた人形ケースを見つけると「あー 良かった。これで死ねる」里では見せたこともない程、フンワリ甘い笑顔になって目を閉じた。まわりに居た者はみんな、その笑顔を見ただけで心の中が温かくなり、私は思わず目頭が熱くなった。

死を潔く受け入れ思いが満たされた時、人は死すら幸せに受け止められると教えてくれた幸齢者様に感謝、合掌。

活動についてのお知らせ

  • 柴田久美子 講演予定
  • 募集中の研修内容一覧
  • なごみの里 紹介動画

書籍紹介

いのちの革命

『いのちの革命』書影

看取り士日記

『看取り士日記』書影

看取り士

『看取り士』書影

「ありがとう」の贈り物

『「ありがとう」の贈り物』書影