1. Home
  2. 書籍・文書
  3. 『死なないでください』

死なないでください

概要

『死なないでください』 書影

書名
死なないでください
著者
柴田久美子(なごみの里 代表)
頁数
218頁
定価
1,260円 (本体価格: 1,200円)
ISBN
4-901053-48-5
発行
2006.7.23
出版
アートヴィレッジ

白血病で亡くなった著者の姪の作品とともに、命の尊さ、特に最近多い若者の自殺にたいして、自らの半生を振り返りながら「死なないで」の思いが綴られています。また、書籍後半では『抱きしめておくりたい』以後のなごみの里の様子やスタッフなどが紹介されています。

目次

  • まえがき
  • 第一章 死の淵からの生還
  • 第二章 私のなかに生きている姪・弘美 −その生と死−
  • 第三章 みんな愛に育まれている!!
  • 第四章 幸齢者から渡される命のバトン
  • あとがきに代えて

読者様からの感想

心のこもったご感想が届いています。感謝致します。

(前略)

昨年の冬、先生(と呼ばせて下さい)の本を読み、私の人生で初めて深く考えました。今ある自分の命、両親の命、愛する妻の命、妻の胎内に宿る新しい命、兄姉の命、私を支えてくれている人々の命のことを。そして本を読んで初めて泣きました。

全て初めての経験でした。私は今の人生の中で 2 度、自らの命を絶とうとしました。 1 回目は中学一年生の時、 2 回目は介護福祉士になった時。でも、自分ではできませんでした。今思うと、貴重な体験になりました。それは今の仕事で役立っているからです。

私は**県の**市という所にある精神化病院で看護助手として働いています。毎日患者様を笑わせています。笑うまで大変でしたけど……。私も常に生死と隣り合わせの毎日です。

今私がいる病棟は幸齢者の方と若い方、半々の病棟です。幸齢者の方には笑い、温もり(筋肉?)、大きい声を、若い方には笑い、説教(優しくしていますが……)、筋肉トレーニング法を毎日プレゼントしています。仕事しながら、いつでも今の仕事に導いてくれた両親に、もちろんこの世に生を頂いたことも感謝しています。そして、朝起きて「今日も頑張ります」と手を合わせる(先生の本を読んでからですが……)ことが日課です(日課になりました、かな?)。

私の趣味は波乗り、さっきも書きましたが筋トレ、そして私の宝、走ることです。走るのはハーフマラソンまでです。たまに走ることが趣味だと言うと「苦しくない?」と聞かれますが、確かに苦しいです。しかし、自分よりもっと苦しんでいる人もおられます。

身近な所では、私が接している患者様です。その苦しみを思えば、自分はもっと苦しむべきと、自分の身体に鞭を入れています。

私は、今でも手首に残る傷跡を見ると、涙というより何か理解できない感情が生まれます。走っていると、自分はまだまだあの苦しみより……と。ロードレース(5km, 10km, 20km)は個人種目じゃありません。初めて見る人が色々な地域から来られます。トップ選手はわかりませんが、私達は途中歩いている人、足を引きずっている人、座り込んでいる人全てに声をかけます。今は、そうして声をかけていますが、走ることをやりはじめた頃はよく声をかけられました。みんな、助け合いで走っています。

私は、いつか絶対に隠岐であるロードレースに出ます。そして、なごみの里へ行きます。その時は、笑うか、泣くか、どっちかでしょう。

先生、どうかお身体を大事にして下さい。先生の本に巡り合えた奇跡に感謝します。私は一人でも多く、この本を知人に教えます。そして、命の大切さ、両親、人間のありがたさを……。

(後略)

購入方法

全国の書店様にて取り扱って頂いています。もし近隣の書店様にない場合は書店様にお申込み頂くか、なごみの里までお申込み下さい

また、下記のインターネット上の書籍販売サイト様でも取り扱って下さっていますので、是非ご利用下さい。

活動についてのお知らせ

  • 柴田久美子 講演予定
  • 募集中の研修内容一覧
  • なごみの里 紹介動画

書籍紹介

いのちの革命

『いのちの革命』書影

看取り士日記

『看取り士日記』書影

看取り士

『看取り士』書影

「ありがとう」の贈り物

『「ありがとう」の贈り物』書影