1. Home
  2. 今日のなごみの里

今日のなごみの里


2011-07-01

INFO 介護日記196

「魂と魂を重ねる時間」と題し、介護日記196を公開しました。

Shibata 米子市エンゼル活動

7月1日、私が尊敬する聖フランチェスカの映画を見ました(私はクリスチャンではありませんが)。人間は何のために生きているのか、何をすべきなのかを大いに悩み、地位や名誉や財産に縛られない人生を選んだ彼。弱きものたちと生きていく崇高な生き方――。

その後、私は米子市上福原で一人の女性とお会いしました。介護保険が足りないために、朝7時にご主人が出勤された後、障害を持つ彼女はひとりきりになられるとのことでした。誰かが見守りをしないと危険であるにもかかわらず、介護保険では補えず、それを補うために私たちのエンゼルチームに依頼がきました。早朝、7時半から8時半頃までの見守りのボランティアを至急探さなければなりません。

何のために生きるのか。人に温かい手を差し出す時、私たちは必ず幸せを感じることができます。米子市の皆様、どうか私たちとともにエンゼルチームとして活動をお願いいたします。このブログを見たどなたかが、声をかけて下さることを心から願って、笑顔の彼女と別れました。

柴田久美子


活動についてのお知らせ

  • 柴田久美子 講演予定
  • 募集中の研修内容一覧
  • なごみの里 紹介動画

最近の記事

過去の記事

書籍紹介

いのちの革命

『いのちの革命』書影

看取り士日記

『看取り士日記』書影

看取り士

『看取り士』書影

「ありがとう」の贈り物

『「ありがとう」の贈り物』書影