1. Home
  2. 今日のなごみの里

今日のなごみの里


2012-02-19

INFO 死生観講座開催 

大雪が降る中、二日間かけて死生観講座を行いました。今回は遠く東京からもご参加頂きました。

以下、受講者様からのご感想です。

  • 「死に様は生き様」というお言葉がありましたが、死の間際にどれだけ尊くいられるだろうかは、自分自身ではピンときませんが、父や母の時は、少しでも長く時間を共有して看取りたいです。
  • 一番の学びは、負の想いを残して死なない事。念となって残る事は、決して幸せなことではない。普段から負を持たず身軽に感謝して生活する事が幸せのポイントである。死に対しての恐怖心というものは、誰しも持っているかもしれない。今回は、死が近い時のポイントや、死の瞬間の様子をイメージする事が出来ました。
  • いろいろな自分自身の生きていく意味-これからの事、これまでの事を確認しながら幸せの“たね”を頂きました。
  • 死はという考え方、人生で一度しか経験しない死について、人は不安と恐れがあると思います。「どのようにして死にたいのか…」この言葉を投げかけられた時に、答えられるようになりました。

次回予告!…好評につき、

  • 平成24年3月24日(土)25日(日)
  • 平成24年5月19日(土)20日(日)

各日とも以下の3講座、

  • 9:30~11:30
  • 12:30~14:30
  • 15:00~17:00

全6講座を開催致します。6講座全てを受けられた方には、「死生観講座証明証」を発行致します。

  • 各講義 2,500円
  • お食事・宿泊あり(希望者、別途徴収)

「安心して死ねることは、安心して生きていけること」

死生観を学ぶことは、人生観に繋がり、仕事で上手くいかない方にも必見です。ぜひ、ご参加くださいませ。チラシをご覧の上、申込用紙にてお申込みください。

本日受講頂きました皆様、二日間お疲れさまでした。


活動についてのお知らせ

  • 柴田久美子 講演予定
  • 募集中の研修内容一覧
  • なごみの里 紹介動画

最近の記事

過去の記事

書籍紹介

いのちの革命

『いのちの革命』書影

看取り士日記

『看取り士日記』書影

看取り士

『看取り士』書影

「ありがとう」の贈り物

『「ありがとう」の贈り物』書影