第1回オールジャパンケアコンテスト(AJCC)

理念

人は、一人では生きていけません。現在の日本は医療の発達、少子高齢化が進み、長寿大国となった反面、家族の本来あるべき姿は崩れかけています。

人のお世話をさせて頂くことは、決して大変なことではありません。介護を通じて、介護を受ける側も、介護をさせて頂く側も、言葉では表せない様々なものが得られます。介護を必要とする方々、介護へ携わる全ての方々の幸せを願うと共に、よりよい街づくりを目指します。

家族、地域と、それぞれの密接なつながり、「」を大切にしていきます。

概要

介護に従事する方々が、お互い刺激し合い、介護力を高めるための大会を開催します。

介護を必要とする方々によりよい介護を提供する社会を目指すとともに、福祉社会を支える技術者を育成し、介護の素晴らしさを広めることを目的とします。

この大会は介護職をはじめ、介護に関わる全ての方々の幸せを願うものです(順位をつけることを目的とするものではありません)。

日付

  • 平成22年11月10日 (水曜日) 前日祭
  • 平成22年11月11日 (木曜日・介護の日) コンテスト

場所

島根県出雲市 出雲体育館

〒693-0002 島根県出雲市今市町北本町3-1-6

内容

  • 認知症・食事・入浴・排泄・ターミナルケアの5分野別に、実技・ディスカッション。審査・評価を実施。優秀者を選考する。
  • 介護用品のブースを設置する(試供・体験コーナー)。
  • 実技試験・ディスカッションの様子は、入場者見学可能とする。
  • 当日のプログラム・当日出題された内容とチェックポイントなどは資料の一覧をご覧ください。
対象者
介護有資格者(肩書きのある方は除く)
入場料
各日500円/高校生以下無料(選手参加者5,000円)
アドバイザー
各分野ごとにスペシャリストを要請
高齢者役
介護専門学生他

8月に行われたプレイベント(デモ)時の様子

11月の本番を前に、8月にデモンストレーションを行った時の風景です。デモでは「食事」「認知症」「排泄」の3分野をそれぞれ2名の選手が行いました。

食事分野はこうほうえんの田中とも江先生、認知症分野を同じくこうほうえんの永田壽子先生、そして排泄分野をユニチャームメンリッケの藤原章子先生にご担当いただきました。

 

当日の様子

当日の模様を伝えるものとして、資料の一覧に選手、アドバイザー、来場者の皆様の感想を公開していますので、ぜひご覧ください。

初の試みでつたない部分もあったかと思いますが、アドバイザーの先生方、出雲西高等学校福祉コースの皆様をはじめとした多数のボランティアの皆様のおかげで成功のうちに終了することができました。ありがとうございました。

 

第1回 各部門最優秀者

  • 認知症部門 松下あゆみ様(島根県)
  • 食事部門 上川雄大様(広島県)
  • 入浴部門 赤迫忠信様(島根県)
  • 排泄部門 目等彩子様(東京都)
  • ターミナルケア部門 永井君恵様(鳥取県)

助成

【日本財団助成事業】

AJCCは競艇の売上を財源とした日本財団の助成事業です。

活動についてのお知らせ

  • 柴田久美子 講演予定
  • 募集中の研修内容一覧
  • なごみの里 紹介動画

書籍紹介

いのちの革命

『いのちの革命』書影

看取り士日記

『看取り士日記』書影

看取り士

『看取り士』書影

「ありがとう」の贈り物

『「ありがとう」の贈り物』書影