1. Home
  2. 活動内容
  3. AJCC
  4. 第1回
  5. 第1回AJCC 選手感想

第1回AJCC感想(抜粋)

他大会開催の参考になればと思い、指摘事項なども含めほぼそのまま掲載させていただいています。

選手の皆様より

  • とても良い体験になりました。又今後も頑張りたいです。楽しい一日でした。ありがとうございました。
  • めちゃくちゃ緊張しましたが、良い所も、悪い所もしっかり見てもらって、指導してもらえたので、とても良い勉強になりました。全国の頑張っている仲間とも触れあえたので、とても楽しかったです。ありがとうございました。
  • この研修では、地域の絆と言う事を学べました。看取りを在宅でしていく為には、本当に地域との関係が必要であり、地域の方に理解してもらうため、柴田さんは、沢山の努力をしてきたんだと感じています。自分が将来の夢を実現させる為、勇気をもらいました。子どもから幸齢者と一緒に屋根の下で暮らすのが自分の夢です。ありがとうございました。
  • 本日はありがとうございました。他の県の介護職の方の明るさにびっくりしました。そして、柴田先生の「やさしく、やさしく、やさしく」と言うのは、先生のあの大きな笑顔を見ていたら、分かるような気がします。私たちの施設でも、ターミナルケアの方が多くいらっしゃいますが、最後まで笑顔の中で御家族と一緒に居られるように、努力してまいります。スタッフの皆様お疲れさまでした。
  • AJCCに参加させていただき、とても感謝させて頂いています。今年一番大切にしていたイベントでした。日頃の自分の介護を振り返り、幸齢者様の事を思える自分づくりが出来ました。また、柴田先生を始め、講師の先生方、皆さんのお陰だと感謝しております。こちらに来る際にも職場、家族の協力もあり、感謝しかありません。これからも、心あるやさしい介助、介護をさせて頂きます。参加させて頂いて本当に良かったです。志ある大切な仲間にも巡り合えました。参加させて頂いて、ありがとうございました。
  • 柴田さんの顔写真を新聞で見て、参加させて頂きました。その気持ちは本日のコンテストで間違いなかったです。今月は、亡父の50回忌でした。私は12歳でした。半世紀もと思うと、亡き父も応援したと思います。柴田さんはじめ、スタッフ、高校生に感謝です。
  • コンテストを受ける前は、リラックスしてやろうと思っていたのですが、とても緊張しました。初心を忘れず、ご利用者様のことを第一に考え、これからも頑張って行きたいと思います。ありがとうございました。
  • 全国から参加ということで、色々な方の施設の話なども聞く事が出来ました。(もっと積極的に声を掛けられたらよかったのですが……)コンテストでは、もっと色々なブースを見て回る事が出来なかったのと、出場者の声がほとんど聞き取れなかったのが、残念でした。とても良い勉強になりました。ありがとうございました。
  • 遠くから参加させて頂いた甲斐がありました。沢山の出会いに恵まれ、明日への力が湧いてきました。「自分は一人ではない」という想いを抱く事が出来ました。今後この大会がずうっと続いて行く事を願っています。ありがとうございました。
  • この度、AJCCに参加させて頂き、高齢者様=幸齢者のそばにやさしく寄り添い、介護を提供させて頂けるという事の幸せを、初心に振り返る事が出来ました。私の職場は、老人保健施設ですが、施設での業務は多忙で、入所者様に寄り添う時間がとても少なく思い残念で、入所者様に申し訳ない気持ちになりました。AJCCで学んだ事や、感じた事を職場に持ち帰り、やさしく、やさしく、やさしくを山口県に持ち帰り、ケアの在り方を考えて行きたいと思います。
  • 今回AJCCに参加して、学ばせて頂く事が沢山ありました。全国の介護というものを目の当たりにして、もっと私も精進して行こうと感じました。ぜひ来年も行っていただきたいです。試験問題がAとBで難しさが違ったので、同じ問題にしていただけると嬉しいです。最後、高校生の方が「私、介護福祉士になる」と言われたそうで、とてもうれしく、また、このAJCCの目的が果たされたのではないかと感じました。
  • 前日祭の演題の2つ、とても心に残っています。「命のバトンをもらうことの大切さ」「言葉の大切さ」。そして、当日の先生の言われた「知識の必要性」とてもすてきな勉強になりました。コンテストでは、とても緊張して、イメージしたとおりに出来なかったのが残念でした。コンテスト後(競技後)は、ホッとして涙が出ました。講評して下さった菅野先生に抱きしめてもらったのが、嬉しかったです。この二日間、本では学べないことを体験出来てよかったです。ありがとうございました。
  • AJCCコンテストに参加させていただき、ありがとうございました。前日祭の話では、すごく心に残っています。ハーモニカ演奏でも知らない童謡ばかりでしたけど、いろいろ知れて良かったです。「命のバトン」と言う言葉も初めて聞きました。自分の住んでいる所にもなごみの里みたいなのがあったらいいな、と思いました。今日のコンテストでは、いろんな分野の介護の仕方を見れて、とても刺激になりました。コンテストでは、とても緊張しましたが、楽しかったです。いろんな事を学べました。
  • とてもいい企画だと思いました。来年も続けてください。人のされる介護を見るチャンスはなかなかありません。とても嬉しく思いました。ありがとうございました。又、チャンスがあれば出たいと思います。次はターミナルかな、と思います。ますますのご発展お祈りいたします。今日出席出来た事に感謝いたします。
  • 参加させていただき、ありがとうございました。ボランティアの方や先生方、関係者の方ご苦労様です。午前の部1番だった事もあり、ふだんの私ではなかったです。(言い訳ですが)リベンジしたいです。勉強になりました。ありがとうございました。
  • 自分が介護と言う仕事に係わり、何を求めているのか、求められているのか、見つめ直すとても有意義な時間を頂けたと思います。本当にありがとうございました。
  • 中々交流が島根でなく、このような会を開いて下さり、本当に嬉しく思っています。全国の方々との会話や実践でのアドバイス、色々な面でとても参考になりました。出来れば各ブースにビデオを取り、見せて頂くとうれしいです。是非来年も開催してください。
  • 参加する事で、他施設の方の介護を見て学べた事や、周囲に見学をされている方の中で行った事で、自分が行っている介護方法に対して考えさせられました。又、機会がありましたら参加したいです。
  • 空気のきれいな出雲、人も心もとてもきれいでした。バスの運転手さん、高校生の方々ありがとう。スタッフの皆さん、ありがとう。色々な出会いがありました。他の分野の見学が出来なかったのは残念ですが……とても心が「やさしく、やさしく、やさしく」なりました。ありがとうございました。
  • コンテストと言うことで、かなり緊張しましたが、競い合うことも意義はありましたが、何よりも色々な方の介護や考え方を知れたことが、とても刺激になりました。2回目があれば、ぜひ参加したいです。
  • 全国の介護に携わる人達と出会い、同じ場でコンテストを行えた事、誇りに思います。ありがとうございました。「介護職につく人達が制度の壁や忙しさに疲れたら応援しよう」そう柴田先生は言っておられた。今日は力をもらいました。本当にありがとうございました。
  • 全国各地から同じ介護を専門とする多くの方が集まり、大変意義ある大会だったと思います。これから先、辛い事や苦しい事があった時は、今回の事を思い出して、日々頑張りたいと思います。ありがとうございました。
  • 初のコンテストでとても緊張しました。いつも通り出来、悔いの残らないようにやれて良かったです。他の方のも見れ、アドバイスも頂き勉強になりました。ありがとうございました。
  • 改めて先生方の意見を聞かせていただく事で勉強になりました。ありがとうございました。
  • 2日間お疲れ様でした。緊張が先に出てしまい、いつもの半分も出来なかったように思います。また、参加したいと思います。細かいことを言うと、タイムスケジュールが参加者には少し分かりにくかったと思いました。今後自分の病院でもコンテストを企画しています。もし良かったら今回の良かったところ、悪かった所を教えていただけたら、嬉しいです。
  • 今回はありがとうございました。準備、大会運営等、大変だった事と思います。今回は第1回ということで、私も何も準備も協力もせず「勉強させていただきたい」という思いだけで参加いたしました。参加させていただき、熱い思いの友達もでき、同じ道を歩む人達の力をたくさん頂きました。そして、私たちを利用者様や弱っている方々のそばに寄り添える様、指導や鍛えてくださる先生方がたくさんいて下さる事に本当に力強く思いました。ドキドキしながら、訳も分からず、ターミナルケアにエントリーさせていただき、つたない7分間を過ごして、温かく厳しい助言を頂きました。本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
  • 全国初の取り組みである、AJCCに参加できた自体、とても良い思い出となり、又自分のケアを評価してもらい、新たな技術、技法が学べたので、本当に良かったです。スタッフの皆様やボランティアの方、アドバイザーの先生方、講師の先生方に感謝いたします。ありがとうございました。
  • 介助方法を振り返れる良い場となりました。他のブースを見学する時間があまりなく残念でした。(参加者が少ないため、時間に余裕がありませんでした)
  • 前日祭、本大会を通じて、大変勉強をさせていただきました。介護というものを改めて深く考えることが出来、大変良かったです。沢山の介護者の方たちのパフォーマンスを観て、色々なアプローチがあるのだなと、又参考にしたいと思います。すばらしい大会でした。是非続けてほしいと思います。
  • 選手として参加させていただき、貴重な体験が出来ました。ありがとうございました。ふだん仕事をしていると、一つ一つの手段や声かけについてこまかに評価してもらう事は、あまりないので、良い経験になりました。最後にアドバイスを頂く声がもう少し大きいと周りで見ていて、もっと参考になるのでは、と思いました。 
  • 色々な方の前で実際に介助を行い普段ではない、緊張感もありました。自分の介助方法についてアドバイスをもらえた事は、これからの仕事面においても成長につなげていけると思います。またAJCCに出場したいです。
  • 今回は参加できて本当に良かったです。柴田さんや関わる人達みんなが「やさしく、やさしく、やさしく」の介護をしているんだと、大会や皆さんの話を聞いたりして感じました。自分も利用者様には優しく接していると思っていたけど、今回の大会を通じてこれまで以上に利用者様にとって何が良い介護なのか、何がその人にとって良いケアなのか、考えながら「やさしく、家族のようなケア」をしていけたらと思います。本当にありがとうございました。また、何かの機会があれば柴田さんや他の方たちと係わっていけたらと思います。
  • 今回、AJCCオールジャパンケアコンテストに参加し、とても貴重な体験となりました。自分の介護している姿を見られるという事は、ほとんどないので、とても緊張したと言うのが、率直な感想です。ですが、他の皆様の介護をしている姿を見て、とても勉強になり、自分のスキルアップにもつながりました。このAJCCオールジャパンケアコンテストで学んだ事を施設に帰っても活かしていきたいと考えています。
  • 見学中はブースの中の声が聞き取りにくかったです。大会のビデオ(全体の)各ブース毎にあれば、また勉強になるのかなあと思いました。他の良い所が見れたのですが、見えない所もあったと思います。第2回大会もあり、自分が歳をとっても続いており、自分が歳をとっても明るい介護になっていればと思います。
  • 今回ケアコンテストという形で、自分のケアをみなさんに見て頂き、評価を受けるということに、最初はとまどいがありました。普段の施設での入所者に対するケアが正しいかどうか、いつも自問自答しながら、時には見えない出口に迷い込んでしまい、毎日が勉強です。今回の実践を今後生かしていきたいです。
  • 普段接することのない、県外の方の実技が見る事が出来て良かった。緊張して基本的な事がぬけていたので、普段の自分を見つめなおすことが出来、馴れ合いじゃないにしても、気持ちの余裕が違う部分に表れて、基本的な部分がおろそかになっていたことに気づきました。
  • 自分では気づかなかった事が、他の人の介助を見て知ることが出来ました。自分の介助を見てもらい、今後どのような対応をしていけばよいのか、勉強になりました。
  • 他の参加者のパフォーマンスを見て、とても勉強になりました。今後の介護に役立つところが多かったように思います。
  • 今回AJCCに参加でき、大変嬉しく思いました。介護にかかわり10年になりますが、最近少しシンドイなと思い始めていました。この機会を得て、色々な年代の方と知り合い、またコンテストに参加し、沢山のパワーをもらう事が出来ました。ありがとうございます。明日からまた、元気に頑張ります。
  • 介護職に就いてまだ、わずか1年半ですが、とても良い勉強をさせて頂けて、柴田代表をはじめ、関係者の皆様には大変感謝しています。自分の介護に対する考え方や姿勢など、改めて見直し、これからの仕事に活かせていければと思います。ありがとうございました。
  • 色々なことが学べて嬉しく思いました。そして、お友達も出来ました。高校生さんの若い力も加わって良かったと思いました。
  • 今回参加させて頂き、皆様の援助、介護技術を見て、大変大きな学びが出来ました。今回の学びを職場に持ち帰り、伝達していきたいと思います。本当にありがとうございました。

活動についてのお知らせ

  • 柴田久美子 講演予定
  • 募集中の研修内容一覧
  • なごみの里 紹介動画

書籍紹介

いのちの革命

『いのちの革命』書影

看取り士日記

『看取り士日記』書影

看取り士

『看取り士』書影

「ありがとう」の贈り物

『「ありがとう」の贈り物』書影