1. Home
  2. 書籍・文書
  3. 介護日記 (121)

介護日記 (121) 〜今も昔も変わらないもの〜

今年の冬は長く、恋する春がやっと島に来た。つくしが胸を張り、カラスが空高く舞う。なごみの里の中は若いスタッフ、ボランティアさんの熱気であふれている。

97 歳の秋さん。若いスタッフがのぞき込み、あいさつをする。

「おはようございまーす」

「わしは、あんたらの笑顔が一番うれしいもんな。こんなばばに有難いな」

としわだらけの手を合わされる。その声を受けてスタッフの笑顔は更に深くなる。

玄関先に秋さんの息子さんの声がする。毎週一回、一人暮らしの息子さんが自分の育てている鶏の卵を「食べきれないので」と持ってこられようになって久しい。

耳の聞こえない秋さんとは、ほとんど会話することもなく「顔だけ見ればね」と通って来られる。今日もほんの数分、秋さんのそばに居られたかと思うと、もう玄関先に息子さんの姿があった。

「良く続きますね。有難うございます」

「いやいや、自分の気持ちがいいからするだけですよ」

と淡々と言われる。

「ところで、息子さん御自身は、子供さんに看てもらおうと思われますか」

「いいや、きっと無理でしょう。今の人、昔の人というのではなく、今も昔も変わらんもんがあると思うんですがね……。わしは、自分が気持ちがいいからしとるんですよ」

幸せとは自らが動き、その先に感じるものと教えた幸齢者様に感謝、感謝。

活動についてのお知らせ

  • 柴田久美子 講演予定
  • 募集中の研修内容一覧
  • なごみの里 紹介動画

書籍紹介

いのちの革命

『いのちの革命』書影

看取り士日記

『看取り士日記』書影

看取り士

『看取り士』書影

「ありがとう」の贈り物

『「ありがとう」の贈り物』書影