1. Home
  2. 活動内容
  3. エンゼルチーム

見守りボランティア “エンゼルチーム”

「尊厳を支えるケアの確立」に向けて、具体的な方策を講じていくことが求められる。言うまでもなく、介護保険制度は、その中で中心的な役割を果たすことが期待される制度であるが、あらゆる課題すべてが介護保険制度で解決されるものでないことにも留意すべきである。

在宅死はなぜ難しいのでしょうか?

在宅でターミナルを支えるためには、必然的に24時間の介護が求められますが、介護保険制度ではこのような形をフォローするような仕組みがありません。

  • 介護保険には月々の限度額がありますが、一番重い「要介護5」の方でも、毎日3時間訪問介護を使えば、限度額を超えてしまいます。
  • 限度額を超えた介護保険サービスは利用者の全額負担となり、全時間ヘルパーを使用すると莫大な費用がかかります。

施行当初の基本理念を「家族介護から社会的介護へ」とした介護保険制度ですが、残念ながら、在宅ではいまだに家族介護に頼らざるを得ない現状があり、ページ冒頭における引用(厚生労働省「高齢者介護研究会」による報告書 「2015年の高齢者介護〜高齢者の尊厳を支えるケアの確立に向けて〜」)で示した通り、介護保険制度を補完する仕組みが必要となっています。

エンゼルチーム

看取りステーション構成図

私たちの取り組みは、上記の問題に対する解答です。誰にも過度な負担をかけることなく、穏やかにその人の最期のステージに寄り添うことを目的として、見守りボランティア“エンゼルチーム”を組織・運営する“看取りステーション”として活動を行っています。

具体的には、介護保険制度を利用する訪問介護員に加え、地域の方々(エンゼルチーム協力員)でエンゼルチームを組織、訪問介護員による専門技術と、協力員の方々による見守りで、家族様の負担を軽減致します。

エンゼルチームは幸齢者様の近隣の地域の方々、市町村内の地域の方々で組織し、ボランティアで見守りと緊急連絡を主に行います。事前に都合の良い時間を教えて頂き、自分のできる範囲で、幸齢者様に寄り添って頂きます。

一番大事な時、一番大事なことは、専門的なことではありません。ただ、そばにいる。ただ、手を握る、身体をさする。それが最も大切なことです

実際のケース

下記は島根県大田市の「エンゼルチーム」の例です。

  • 島根県大田市・里子様 (94歳)
  • 里子様の願い「(入院中だったが)家に帰りたい」
  • 家族の状況
    • 長男: 同居可能だが、専業農家のため昼間は家にいない
    • 長女: 既に実家を離れ仕事を持っている

上記のような状況を同市のエンゼルチーム協力員8名と隣市である出雲市のエンゼルチーム協力員5名の13名、そして訪問介護事業所の訪問により、在宅に帰ることが可能になりました。

下記が1週間の活動表サンプルです。

サンプル活動表

現在の活動

日本看取り士会と共同で活動を展開中です。日本中にエンゼルチームを作るため、また最期を大切に思っている人々の声を集めるために、エンゼルチーム協力員を全国から募っています。どうか参加をお願いいたします!

更に詳しい内容、上記以外の実際の事例については、詳細PDFをご覧ください。

活動についてのお知らせ

  • 柴田久美子 講演予定
  • 募集中の研修内容一覧
  • なごみの里 紹介動画

書籍紹介

いのちの革命

『いのちの革命』書影

看取り士日記

『看取り士日記』書影

看取り士

『看取り士』書影

「ありがとう」の贈り物

『「ありがとう」の贈り物』書影