柴田久美子の看取り学講座

概要

代表の柴田や養成講座を修了した認定看取り士を講師とした「看取り学」の少人数限定講座を月に一度程度、開講しています。この講座は現役の介護職の方からの希望で、少人数限定の講座を開講したことをきっかけに、開催することになりました。

  • 死に対する恐怖心が拭えない方
  • 看護、介護職で終末期、看取りに抵抗感のある方
  • 身近な方の死で、後悔の念をお持ちの方
  • 他、死に対する疑問などがおありの方

にお勧めしています。「死」と「生」、そして「看取り」について、新たな価値観、心構えを発見できる講座です。

感想

  • 「死に様は生き様」というお言葉がありましたが、死の間際にどれだけ尊くいられるだろうかは、自分自身ではピンときませんが、父や母の時は、少しでも長く時間を共有して看取りたいです。
  • 一番の学びは、負の想いを残して死なない事。念となって残る事は、決して幸せなことではない。普段から負を持たず身軽に感謝して生活する事が幸せのポイントである。死に対しての恐怖心というものは、誰しも持っているかもしれない。今回は、死が近い時のポイントや、死の瞬間の様子をイメージする事が出来ました。
  • いろいろな自分自身の生きていく意味−これからの事、これまでの事を確認しながら幸せの“たね”を頂きました。
  • 死はという考え方、人生で一度しか経験しない死について、人は不安と恐れがあると思います。「どのようにして死にたいのか…」この言葉を投げかけられた時に、答えられるようになりました。

場所・日時・お申込みなど

詳しい日程などは募集中の研修内容一覧をご覧ください。お申込みは同ページにあります申込用紙にご記入の上、なごみの里までお申込みください。

活動についてのお知らせ

  • 柴田久美子 講演予定
  • 募集中の研修内容一覧
  • なごみの里 紹介動画

書籍紹介

いのちの革命

『いのちの革命』書影

看取り士日記

『看取り士日記』書影

看取り士

『看取り士』書影

「ありがとう」の贈り物

『「ありがとう」の贈り物』書影